デジカメデータベース
  デジカメデータベース > 機能解説 > デジカメのISO感度とは

デジカメの機能
デジカメのメリット
画素数について
光学ズームとデジタルズーム
ISO感度とは
手ぶれ補正機能
デジカメの記録メディア
ワイド(広角)ズーム機能とは
一眼レフデジカメは必要か?


上手な撮影方法
動いている被写体を撮るコツ
室内撮影のコツ
夜景を綺麗に撮るコツ
色かぶりを無くす撮影方法
手ブレを防ぐ裏技


デジカメプリント
お店プリントと家庭用プリンタの差
プリンタ用紙の重要性
上手な写真修正の方法


サイト情報
買い物について
免責事項
HOME

デジカメのISO感度とは? 

ISO感度とは、簡単に言えばデジタルカメラが感じ取る事が出来る光の量の大小を表す数値です。この数値が大きいほど、暗い所でも明るい写真が撮れます。

  ISO感度が高いデジカメだと、シャッター速度を速くしても明るい写真が撮れます。

通常はシャッター速度を早くすると、写真のブレが起こりにくくなりますが、写真全体の光の量が足りなくなる為に、全体的に暗い写真になってしまいます。
 

最近流行りの「手ぶれ補正機能」を搭載していない機種でも、ISO感度の数値を上げて撮影する事で、手ぶれを起こりにくくする事が出来ます。

また少し視点を変えて言えば、ISO感度が高く出来るデジカメだと、動きの速い被写体を撮影する時も、被写体がぶれずにシャープな美しい写真が撮れることになります。

まとめると、ISO感度の数値を高くできるデジタルカメラだと

1. 少々暗い所でもフラッシュ無しでOK
2. 手ぶれを起こりにくくすることが出来る
3. 動きの速い被写体も美しく撮れる

ということです。

ISO感度を高く設定する時の注意点

  ただし注意しなければいけない事が一つあります。ISO感度を高く設定して撮影すると、写真にノイズが入りやすくなります。

ISO感度を上げると、カメラが感じ取る光の量が増えるのですが、このことは同時に「本来は必要の無い余計な光まで感じ取ってしまう」という副作用を生んでしまうのです。
 

最近のデジカメは技術革新によって、この「ノイズが入りやすい」という欠点も徐々に解消されてきています。それにもしノイズが多いようなら、ISO感度の数値を下げて撮影すればよいだけの事です。

最大ISO感度が400というのが現在の標準的なデジカメスペックですが、中にはISOが1600とか3200とかのハイスペックな機種も登場してきています。通常はあまり気にしなくとも良い数値ですが、車とかスポーツシーンなど動く被写体を綺麗に撮りたい人は、ISO感度の最大値が大きな機種を選ぶと良いでしょう。

 


 デジカメデータベース  Copyright (C) dcdb.nf4hou.com. All Rights Reserved.