デジカメデータベース
  デジカメデータベース > 機能解説 > 光学ズームとデジタルズーム

デジカメの機能
デジカメのメリット
画素数について
光学ズームとデジタルズーム
ISO感度とは
手ぶれ補正機能
デジカメの記録メディア
ワイド(広角)ズーム機能とは
一眼レフデジカメは必要か?


上手な撮影方法
動いている被写体を撮るコツ
室内撮影のコツ
夜景を綺麗に撮るコツ
色かぶりを無くす撮影方法
手ブレを防ぐ裏技


デジカメプリント
お店プリントと家庭用プリンタの差
プリンタ用紙の重要性
上手な写真修正の方法


サイト情報
買い物について
免責事項
HOME

光学ズームとデジタルズームの違い 

カメラ選びの重要な項目の一つに、ズーム(拡大機能)の数値が上げられます。この数値が大きいほど、遠くの被写体でも大きく拡大して撮影する事が出来ます。

  デジタルカメラの場合、拡大機能は「光学ズーム」と「デジタルズーム」の2種類が搭載されています。光学ズームとは、通常のカメラ(銀塩カメラ)とか双眼鏡などと同じ原理で、映像を感じ取る「CCD」とレンズとの間の焦点距離を変化させる事で、本来なら小さく見えるもの(遠くにあるもの)を大きく表示する手法です。  

一方のデジタルズームとは、実際にレンズに映る絵をデジタル処理で拡大して大きく見せます。じゃあこの両者にはどういった違いが出るのかといえば、一言で言えばデジタルズームの場合は「画像が荒くなる」のです。デジタルズームは「本来見えている絵」を後から機械的に引き伸ばす為に、被写体の細部・輪郭は機械的に補正されるので、拡大すればするほど画質が劣化するのです。逆に光学ズームの場合は、「本来見えている絵」自体がレンズを通して大きく写るので、画質の劣化は一切起こりません。

デジタルズーム機能は無視してよい

  そもそもデジタル的に拡大するのなら、パソコンに取り込んだ後に画像編集ソフトで簡単に拡大できます(たいていのデジカメには画像編集ソフトが付属しています)。

又お店でプリントしてもらう場合でも、引き伸ばし(デジタル処理での拡大)してプリントしてもらうことができます。
 

つまりデジカメ選びで比較検討すべきは「光学ズーム」の数値であり、デジタルズームが何倍だろうと一切関係ありません。無視してください。故に当サイトでも、デジカメのスペックとして「デジタルズーム」の数値は載せていません。

光学ズームは3倍くらいがスタンダードになっていますが、中には10倍以上のズーム機能を搭載した機種も発売されています


 デジカメデータベース  Copyright (C) dcdb.nf4hou.com. All Rights Reserved.