デジカメデータベース
  デジカメデータベース > 写真の撮り方 > 色かぶりを無くす撮り方

デジカメの機能
デジカメのメリット
画素数について
光学ズームとデジタルズーム
ISO感度とは
手ぶれ補正機能
デジカメの記録メディア
ワイド(広角)ズーム機能とは
一眼レフデジカメは必要か?


上手な撮影方法
動いている被写体を撮るコツ
室内撮影のコツ
夜景を綺麗に撮るコツ
色かぶりを無くす撮影方法
手ブレを防ぐ裏技


デジカメプリント
お店プリントと家庭用プリンタの差
プリンタ用紙の重要性
上手な写真修正の方法


サイト情報
買い物について
免責事項
HOME


色かぶりを無くす撮影方法 〜ホワイトバランス

光源には、太陽光や蛍光灯、白熱電球など様々な種類がありますが、それらの光にはそれぞれ独自の色が着いているのです。例えば、蛍光灯は白っぽく、白熱電球はオレンジっぽい色をしています。太陽光にいたっては、日中、夕方、曇りの日、など時間帯や天気によっても色が違ってくる事がおわかりでしょう。

人間の目というのは、見えるものの色を脳で調整する機能をもつため、光源に色があっても物体の色をかなり正確に判断することが出来ます。しかし、機械であるデジタルカメラは、光源の色がそのまま写真に反映されてしまうのです(「色かぶり」と呼ばれる現象)。

例えば白熱電球などの赤っぽい光で撮影した場合は、赤かぶり(全体的に赤味がかった感じ)の写真になります。また晴れた日の日陰で撮影すると、太陽光ではなく青い空の色の光が反映されて、青かぶりを起こします。

そして特に失敗しやすいのが、室内で蛍光灯下で撮影する時です。蛍光灯には、人間の目では感じない緑色系の光が多く含まれており、デジカメ任せで撮影すると、全体的に緑色がかった写真になってしまいます(緑かぶり)。

ホワイトバランスを調整して色温度の差を無くす

デジカメには、このような光源の色の違い(色温度)を補正するために「ホワイトバランス」という機能がついています。ホワイトバランスとは、どのような色温度の環境でも、白い物体を白く写せるよう補正できる機能の事です。この機能を使う事で、色かぶりを軽減して、より正確な本物に近い色の写真が再現可能になるのです。

ホワイトバランスにはマニュアルで幾つかの選択肢が用意されている事が多く、撮影時にどんな光源・照明で撮影するかにより、その選択肢の中から適切なものを選びます。例えば日中での屋外撮影は『太陽光モード』、室内照明なら『電球モード』や『蛍光灯モード』といった具合です。

     

但し注意しておきたい点として、光源の種類は混ぜてはいけない事を憶えておいてください。例えば、室内で蛍光灯を照明にしていた場合に、少し明るさが足りないので窓際で太陽光と併用した、としたらどうでしょう?蛍光灯と太陽光の色温度は違うため、いくらホワイトバランスを設定しても上手く機能せず、正しい色合いの写真にはなりません。

また、ホワイトバランス設定に「プリセット」と呼ばれる機能が付いたデジカメもあります。これは、白い紙などを利用して、白の基準を独自に設定する機能です。マニュアルでの設定よりも、より忠実な色を表現する事が出来るので、繊細な色の表現を求める方は活用してみて下さい。


 デジカメデータベース  Copyright (C) dcdb.nf4hou.com. All Rights Reserved.