デジカメデータベース
  デジカメデータベース > 写真の撮り方 > 室内写真の撮り方

デジカメの機能
デジカメのメリット
画素数について
光学ズームとデジタルズーム
ISO感度とは
手ぶれ補正機能
デジカメの記録メディア
ワイド(広角)ズーム機能とは
一眼レフデジカメは必要か?


上手な撮影方法
動いている被写体を撮るコツ
室内撮影のコツ
夜景を綺麗に撮るコツ
色かぶりを無くす撮影方法
手ブレを防ぐ裏技


デジカメプリント
お店プリントと家庭用プリンタの差
プリンタ用紙の重要性
上手な写真修正の方法


サイト情報
買い物について
免責事項
HOME

室内で綺麗に写真を撮る方法

室内で綺麗に写真を撮ろうと思えば、幾つかのポイントを抑えておく必要があります。まず、室内というのは屋外に比べて暗い(=光の量が少ない)ということを頭に置いてください。何も設定せずにデジカメのシャッターを押せば、自動でストロボ(フラッシュ)が光る場合もありますよね。カメラにとっては、室内というのは、絶対的に光の量が少ない環境なのです。

ストロボを使った写真というのは、被写体付近だけがストロボの白い光を強く受けて「白トビ」し、回りの背景は暗いままで写ってしまう事が多いです。素人が上手な写真を撮るコツは、まず「ストロボを使わない事」だと思ってください。

ですから、室内で写真を撮る場合はストロボをOFFにして、デジカメの「露出補正」をプラス側に設定するか、ISO感度の数値を上げるなど、写真が明るく写るようなカメラ設定にします。それと同時に、照明・ライトを可能な限り沢山点けて、室内全体が明るい状態を作ることも、重要なポイントです。

ストロボを使わず、照明量と露出補正で明るくする

  右の写真を見て下さい。室内で撮影したものですが、被写体そのものはなかなか上手く撮影出来ているものの、後方の影が気になりませんか?

この写真は白熱電球の明かりで撮ったのですが、とても強い影になってしまっています。影が主張し過ぎると、写真の良さも半減してしまいます。また、白熱電球は色味がオレンジがかって見えてしまうので、撮影には不向きです。
 

ディフューザーやレフ板で、影を消して色かぶりを防ぐ

こういう場合は、蛍光灯タイプの照明にしてみると良いです。左下の写真は、同じ被写体を卓上蛍光灯の光を使って撮ってみました。影がほとんど目立たなくなっていますよね。これは、蛍光灯の光は白熱電球の光よりも拡散する為、全体になめらかな印象を与えるのです。但し、ホワイトバランスを「蛍光灯モード」にしないと、写真が「緑かぶり(全体的に緑色がかった絵になる)」を起こしやすいので、デジカメのホワイトバランス設定も必要になります。

蛍光灯がない場合は、ディフューザーという物を使ってみましょう。ディフューザーとは、光を拡散させるための撮影器具の事です。照明器具と被写体の間にディフューザーを設置する事で、蛍光灯のような、白っぽくなめらかに拡散する光に変化させる事が出来ます。ディフューザーはカメラ量販店などで購入できますが、薄手の白い布や、トレーシングペーパー、スーパーのレジ袋などを使うという裏技で、代用することも出来ます。

また、影を目立たせなくする為の他の解決策として、もうひとつ別の光源を用意する方法もあります。影のきつい部分に、別の照明機具を使って光を当てます。これで右下の写真のように、影が目立たなくなりました。

   

本格的な撮影用ライトでなくとも、卓上用ライトや大き目の懐中電灯などで代用しても、充分な効果が得られます。また、光源の変わりにレフ板などの「光を反射させる物」を使っても、それなりの効果は得られます。レフ板も、銀紙ホイルなどで代用する裏技もありますが、写真撮影の様々な場面で役に立つので、本格的に写真を撮りたいのなら、是非ともレフ板は用意しておきましょう。


 デジカメデータベース  Copyright (C) dcdb.nf4hou.com. All Rights Reserved.